創業天保十一年

仁万屋-料亭NIMAYA

日本海の新鮮な魚、三瓶山の山の幸が味わえる老舗料亭「仁万屋」は、
石見銀山遺跡への玄関口にあります。

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ハ187
【ご予約専用フリーダイヤル】0120-65-1050

周辺の観どころ

国立公園 三瓶山

 

国立公園 三瓶山

 

三瓶山(さんべさん)は、中国地方を代表する火山のひとつで、国立公園に指定されています。標高1126mの男三瓶を主峰に、女三瓶、子三瓶、孫三瓶の4つの峰からなる比較的緩やかな山で、広大な草原が広がり、東西南北・春夏秋冬でその様相を変えて様々な自然の姿を私たちに見せてくれます。
180度の大パノラマ、自然林の中のハイキングコースや登山道、スキー、乗馬、クロスカントリー、キャンプなどさまざまなアウトドアも楽しむことができます。

女将のおすすめスポット

三瓶山にある自然たっぷりの観どころの中から、女将が厳選するお気に入りの場所をご紹介いたします。
もっと詳しい話、情報通の女将が知る面白話は、ぜひ仁万屋にお立ち寄りの際にお楽しみください。

島根県三瓶自然館サヒメル


島根県三瓶自然館サヒメル

 

三瓶北の原にある、三瓶自然館サヒメルの館内は、西日本有数規模の大型映像スペースと展示スペースに大別されていて、島根県の自然に見て触れて、自然に学べる施設です。
伊達鳥類コレクションの常設展示のほか、毎月、季節ごとにさまざまな特別展示なども、催されているので何度でも訪れる楽しみがあります。

三瓶小豆原埋没林公園

 

三瓶小豆原埋没林公園

 

約3500年前、縄文時代の後期に三瓶火山の活動による火砕流や火山泥流などで地中深く埋められてしまった巨木の森が、朽ちることなくそのままの姿で三瓶山麓・小豆原地区に眠っていたのです。
多くの人にこの自然の偉大さを見てもらうために、流木の保存技術・展示技術を駆使して、2003年5月に、この三瓶小豆原埋没林公園がオープンしました。

北の原キャンプ場

 

北の原キャンプ場

 

三瓶自然館サヒメルの真向かいに、北の原キャンプ場があります。
常設オートサイトテント、集団オートサイト、屋根付ファイヤー場のほか、ロッジ(5人用、10人用)もあり、家族でも大勢でも充分楽しむことができます。
施設内には、子どもも大人も楽しめるフィールドアスレチックもあり、森林浴を楽しみながら散策できる素晴らしい環境。温水シャワーや、コインランドリー、炊事場、トイレなども充実しています

三瓶温泉スキー場

 

三瓶温泉スキー場

 

三瓶東の原にあるスキー場で、女三瓶・日影山・太平山の裾野が作る約300haの美しいスロープ。
初心者から上級者まで楽しめる変化に富んだスロープで、近くには三瓶温泉もあり、ナイタースキーも楽しめるなど最高のゲレンデです。
2月に開催されるウェインターフェスティバルの花火はスケールも大きく圧巻。最近では、九州や中国地方から多くのスキーヤーが訪れています。
また、春から秋にかけては緑の草原にパラグライダーやマウンテンバイクといったスポーツのイベントが盛りだくさんで、人々の憩いの場にもなっています。
860mのペアリフトは、スキーシーズンだけではなくロマンリフトとして、春は新緑、秋は紅葉と、山の自然を満喫でき、美しい風景を季節ごとに味わうことができます。

浮布池(うきぬののいけ)

 

浮布池(うきぬののいけ)

 

西の原から少しわき道を入ったところに、浮布池はあります。
その昔、長者の娘に思いを寄せる大蛇が、若者に化身し、娘を池に誘い入れたのだそうです。その後、娘が身に付けていた衣が湖面に白い線を描くように浮かんできた・・・という悲しい伝説が残されている美しい池です。
貸しボートや、足こぎスワンで楽しいひとときを過して見られてはいかが?

おすすめリンク集

国立公園三瓶山に関する各種情報はこちらをご参照ください。

御勘弁飯