創業天保十一年

仁万屋-料亭NIMAYA

日本海の新鮮な魚、三瓶山の山の幸が味わえる老舗料亭「仁万屋」は、
石見銀山遺跡への玄関口にあります。

〒694-0064 島根県大田市大田町大田ハ187
【ご予約専用フリーダイヤル】0120-65-1050

周辺の観どころ

温泉津町

 

温泉津町

 

温泉津町(ゆのつまち)は、文字通り、温泉の湧き出る港町。1300年ほど前に傷ついたタヌキが湯浴みをしていたという伝説があり、歴史のある湯治場です。
温泉街には多くの旅館のほかにも共同浴場や土産物屋が立ち並び、湯治客・観光客でにぎわっています。
また、大森銀山の銀の積出港という一面もあり、世界中から注目されている石見銀山と深く関わりのある港町で、銀を巡って争った戦国武将の歴史に思いを馳せることのできる町です。
温泉津の町並みは、大森の町並みと共に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されており、沖泊は国の史跡に指定されています。

女将のおすすめスポット

温泉津の歴史ある数々の観どころの中から、女将が厳選するお気に入りの場所をご紹介いたします。
もっと詳しい話、情報通の女将が知る面白話は、ぜひ仁万屋にお立ち寄りの際にお楽しみください。

やきものの里


やきものの里

 

高さが30mもある、15段の巨大な登り窯2基が目を引くやきものの里。稼動している登り窯のスケールとしては全国最大級です。隣接している「やきもの館」では、陶芸文化の歴史の展示や温泉津焼秀作の展示のほか、創作室では手ひねりや絵付け等が体験できます。
江戸時代、登り窯で大量生産された温泉津のやきものは全国へ出荷されていました。良質の陶土ときれいな水、豊富な木材、そして伝統の匠の技により、温泉津焼きは、日本全国に普及しました。
「やきものの里」ゾーンには4件の窯元が集中しており、独特なあめ色をした焼き物は、素朴な作風で評価も高く、観光客にもみやげ物として好評です。

ゆう・ゆう館

 

ゆう・ゆう館

 

ゆう・ゆう館は、温泉津湾のほとり、温泉街の入り口に建っている多目的施設です。木造瓦葺の2階建てで古い歴史の街を偲ばせる土蔵造り、町家風の建築です。1階には休憩室や町の案内資料、特産品などがあり、温泉津の歴史をパネルで紹介しています。2階は歴史資料室となっており、豪商や武士の日用品、港で使われていた道具などが展示されています。

元湯(もとゆ)

 

元湯(もとゆ)

 

1300年前に、タヌキが湯浴みしていたことで発見されたのが、こちらの元湯で昔から湯治の湯として多くの人に親しまれてきました。リウマチ、神経痛、創傷、通風、皮膚炎、むち打ち症、被爆障害などに効果があり、古くから薬効あらたかな泉質を持つことで知られています。

薬師湯(やくしゆ)

 

薬師湯(やくしゆ) 

 

こちらは、明治5年の地震のときに忽然と湧き出したことから、元湯に対して「新湯」とも「震湯」とも呼ばれる薬師湯。明治時代には平屋だった薬師湯ですが、大正8年に洋風木造2階建て(旧館)に建て替えられ、昭和29年に現在の鉄筋コンクリート造2階建ての新館が建てられました。
2005年に、日本温泉協会の新基準による審査の結果、全項目最高評価の「オール5」を取得したという天然温泉。日本全国でも屈指の泉質として名を上げ、その効能を求めて県外からも多くの入湯客が訪れています。

旧庄屋屋敷

 

旧庄屋屋敷

 

毛利輝元の家臣で鵜丸城の初代奉行として温泉津にやってきた400年の歴史を持つ内藤家の屋敷です。代々庄屋を務め、後に回船問屋や酒屋なども営んできたという内藤家の歴史を伝える屋敷と土蔵群で、特徴のあるなまこ壁や玄関に掛けられた大きな縄のれん、格子窓や中2階の虫籠窓(むしこまど)等が往時の隆盛ぶりを今に残しています。
延享4年(1747)に温泉津に大火があり、現在の建物は、その後に建てられたため、主屋は塗籠造(ぬりかごづくり)と呼ばれる耐火建築となっています。
個人所有のため非公開。

櫛島(くしじま)キャンプ場

 

櫛島(くしじま)キャンプ場

 

櫛島には、後鳥羽上皇が隠岐に流される時に大嵐にあって漂流され、島人に愛用の櫛を授けられたという伝説が残っています。
櫛島湾内に面した穏やかなキャンプ場で、入り江の多い複雑な海岸線が望めます。岩場、砂場など変化に富んだビーチで、海水浴、キャンプファイヤー、磯釣りなど、年齢を問わず快適なアウトドアライフが楽しめます。
櫛島レストハウスは平成18年に新築され、周囲にはテントサイト、トイレ、炊事場等施設のほか、海岸遊歩道があります。

おすすめリンク集

温泉津町に関する各種情報はこちらをご参照ください。

御勘弁飯